camtasia-vs-screenflow

スクリーン再生ツールを探すときは、ScreenFlowやCamtasiaほど良いツールはありません。 デジタルメディア業界では、Windowsシステム上でMacをすることを好みますが、残念なことに、多くのスクリーンキャストソフトウェアはWindowsのみ対応されています。それで、Mac用の素晴らしいスクリーンキャストソフトウェアを探している時、Camtasia VS ScreenFlowはどちらが良いですか? この記事では、ScreenFlowとCamtasiaのベスト・ポイントと、両製品の総合評価を紹介し、製品をお勧めします。

① Camtasiaの長所と短所

CamtasiaとScreenflow, Camtasiaの長所と短所

Camtasiaソフトウェアを知らない人にとっては、Macを使ってスクリーンキャストをしたことはありません。長年にわたり、CamtasiaはMac上のあらゆるスクリーンキャプチャに最適なソフトウェアでした。 しかし、有名人のために人気がありますか、それとも実際に市場で最高ですか?

このソフトウェアを初めて使用したときの主なメリットの1つは操作が非常に簡単だったことです。スクリーンキャストソフトウェアを理解するために多くの時間を費やす人はいないでしょう。これは簡単で使いやすいものでなければならなりません。

このソフトウェアのもう一つの重要な特徴は、いろんなものをキャプチャできることです。 フルスクリーンをキャプチャするだけでなく、エリアやウェブカメラをキャプチャします。これは、ビデオチュートリアルやSkypeで会議や会議記録などに役立ちます。Camtasiaの利点の1つは、独自の編集ソフトウェアが付属していることです。 これは、ソフトウェアを使ったことのないアマチュアでも、とても使いやすい編集ソフトにアクセスできることを意味しており,リアルタイムの編集や注釈づけにに最適です。そのため、シンプルさを望む人々は、ツールが大好きです。

これまでの完璧なソフトウェアのように思えるが、それにはいくつかの欠点もあります。市販されている他のソフトウェアを使用すると、ユーザーがシステム内のレコードを自動的にスクリーニングできます。 これはCamtasiaが提供していないものです。さまざまな方法がありますが、これはインターフェイスにオプションが組み込まれていないため、非常に技術的なプロセスです。

また、スクリーンショットを撮りたい携帯電話やタブレットはサポートされていません。 TechSmithは、Camtasiaと同期する別のソフトウェアを提供していますが、携帯電話やタブレットを録画できます。

長所

• 他のソフトウェアより強力なさまざまなキャプチャおよび編集機能を紹介
• マウスを1回クリックするだけで、外部Webサイトに公開して共有することができる
• 他のソリューションと比較してコストが比較的低いコスト
• 非常に簡単なインポートとエクスポート機能
• AVIフォーマットなどの主要なビデオフォーマットの汎用サポート
• 優れたカスタマサポートを提供する

短所

• システム関連ファイルの変更に関する深い知識がないと、自動録画のスケジュール設定が非常に難しい
• ソフトウェアの製品に含まれる代替ソフトウェアソリューションでコース作成テンプレートが見つからない
• ウェブサイトに埋め込む可能性がない
• システム要件が比較的高いため、このツールを操作するにはより強力なPCが必要
• 一般的なテンプレートはビジネススタイルが大半を占めており、他のテンプレートに料金を支払う必要がある

② ScreenFlowの長所と短所

CamtasiaとScreenflow, ScreenFlowの長所と短所

もう一度、ScreenFlowは非常に使いやすいソフトウェアですが、他のスクリーンキャストソフトウェアを使用する傾向があるという大きな欠陥があります。

画面全体を表示しない人もいるため、地域キャプチャはスクリーンキャストの重要な部分です。 残念なことに、screenFlowは、画面全体を記録する、またはまったく記録しないソフトウェアのを提供します。
編集中では、画面上の特定の部分を拡大してカットできますが、これはポストポストプロダクションでは不要であり、録画中に行うことができます。

Camtasiaと比較して、iPhoneとiPadを使用できる利点があります。 これらのデバイスだけを使ってスクリーンショットを撮りたいと思っている人にとっては時間を節約しますが、その中にはそれらのデバイスの一部ではなくフルスクリーンが必要です。iOSデバイスでチュートリアルをしたい人にとって大きな利点です。

このプログラムに組み込まれている編集ソフトは非常に基本的なものです。これはCamtasiaに比べてもう一つの大きな欠点があります。単純でスムーズな編集プロセスが可能です。レコーディングの編集に利用できる機能はありますが、他の競合他社が提供しているような高度な機能はありません。

長所

• Camtasiaよりも使いやすく、ユーザーフレンドリーなインターフェース
• すべてのユーザーのニーズを満たす包括的なソフトウェア
• レコーディング機能の横に強力な編集機能が組み込まれている
• ソフトウェアの安定性が高い

短所

• プレミアム版を購入するのはかなり高価
• ソフトウェアの無料アップグレードサービスを受ける機会がない
• このツールにはビルトインテンプレートはない
• ソフトウェアに資産ライブラリシステムがない

③ ScreenFlowとCamtasiaの代替オプション

CamtasiaとScreenflow, 代替オプション

これらの2つのソリューションの別の選択肢を探しているなら、上記のソフトウェアにMac用の 画面録画/録音 プロ が良い選択肢です。 今では、この包括的な記事で提供される情報によって、より適切なソフトウェアの種類を要約することができます。
画面録画/録音 プロは、スクリーンショットやスクリーンキャストを使用して、好みやスクリーンレコーディングに合わせることができる非常に包括的なスクリーンレコーディングソリューションです。 このツールは、完全に選択可能なパーソナライズされたビデオとオーディオのソースと品質、または事前に選択された設定時間にリモート録画用の統合スケジューラなど、利用可能な機能に関して柔軟性があります。

④ 比較と結論

一方、CamtasiaとScreenプロセスは、ビデオのキャプチャ、制作、編集の際の優れたパフォーマンスで人気がありますが、両者の違いはまだあり、考慮する必要があります。Screen flowとCamtasiaの違いは次のとおりです。

1. Screen FlowはCamtasiaより簡単です

ビデオ制作のプロフェッショナルでない人にとって、この機能は優れたことです。実際、シンプルさのおかげで、たくさんの人がとてもいいビデオを制作しています。ユーザーはこのソフトウェアを使用して、素晴らしい、簡単なビデオ編集とモバイル録画を体験することができます。

2. Screen Flowは非常に良いビデオとオーディオのフィルタリング機能を持っています

オーディオとビデオともにフィルタリング機能が非常に良いので、効果音は非常にきれいです。 多くのScreen Flowユーザーはこの利点が確認できます。 バックグラウンドノイズはわずか2回のクリックで除去できます。 より強力なビビデオとオーディオの効果をさらに強化するには、Screen Flowを選択するのが最適です。

3. 専門家向けのCamtasia、初心者向けのScreenFlow

Camtasiaは、プロのユーザーに最適です。 Screen Flowが初心者に理想的なら、Camtasiaはプロのユーザーにとって理想的です。
両方とも非常に優れたソフトウェアであり、どちらもメリットがありますが、Camtasiaはソフトウェアにとってはるかに優れたソフトウェアです。 ScreenFlowは良いですが、iOSデバイスを使いたい人にとっては最適です。 Camtasiaは、Macからスクリーンキャストを取得し、ポストプロダクションでもっと多くのものを提供したいと思っている人なら、さらに多くを提供します。