Audacityは、システムサウンドやマイクからのオーディオをキャプチャできるオープンソースのオーディオ録音ソフトウェアです。 Windows、Mac、Linuxコンピュータで音楽、ウェビナー、ポッドキャスト、その他の重要な通話会議を録音するのに最適です。録音の他に、このツールには録音されたサウンドを強化するためのマルチトラックオーディオエディターもあります。ただし、ソフトウェアのバグまたは非互換性のために、このツールがハングするか、正しく機能しないことがあります。 Audacityが録音されない問題が発生しているだけの場合は、以下のトラブルシューティングのヒントに従って問題を解決してください。

YouTube 高画質 ダウンロード, ダウンロードする動画の画質の設定

Audacityが記録されない問題のトラブルシューティング

オーディオを録音するときにAudacityがマイクやシステムサウンドを認識しない場合は不便です。一部のソフトウェアの誤動作、バグ、または誤った設定が原因であると思われる場合があります。それでは、デフォルトのオーディオホストなどの設定を変更してみましょう。以下の手順をお読みください。

1. MMEをデフォルトのオーディオホストとして設定する

Audacityを起動し、ツールの左上にある[オーディオホスト]ドロップダウンボックスをクリックします。
次に、デフォルトのホストとして「MME」を選択します。 MMEはMultimedia Extensionsの略です。これは、作成するすべての録音のサウンドを保証するデフォルトのホストです。
デフォルトのオーディオホストを変更した後、録音してみて、録音にサウンドがあるかどうかを確認してください。

mmeデフォルトホストを設定する

デフォルトのオーディオホストを変更しても問題が解決しない場合は、外部マイクが有効になっているかどうかを確認してください。これを行うには、以下の手順に従います。

Windowsのサウンド設定

2.切断されたすべての録音デバイスを有効にする

コンピューターで、タスクバーの右端にある「スピーカー」アイコンを右クリックし、「サウンド設定を開く」を選択します。
次に、[サウンド]ウィンドウで、[入力]セクションの[サウンドデバイスの管理]をクリックして、コンピューターに接続されているすべてのオーディオデバイスを検索します。
デバイスをクリックして、アクティブ化されているかどうかを確認します。そうでない場合は、「有効」ボタンにチェックを入れてください。
マイクが有効になっていて音声を録音できることを確認するには、音量を調整し、マイクで話しかけてインジケーターが上に移動しているかどうかを確認します。はいの場合、Audacityでオーディオの録音を開始できます。
マイクを有効にする
もう1つ確認する必要があるのは、マイクまたはシステムの音量が十分かどうかです。音量を下げると、不快な音がするか、まったく音が出ない場合があります。 Audacityのサウンドレシーバーの音量を最大にして、録音を開始してください。音量が大きすぎる場合は、必要に応じていつでも調整できます。また、マイクがコンピュータに正しく接続されていることを確認してください。これらすべてのトラブルシューティング手順でaudacityがサウンドを再生しない問題を解決できなかった場合は、Audacityの代替手段を使用することを強くお勧めします。以下の最高のオーディオ録音ソフトウェアのレビューを書きました。

YouTube 高画質 ダウンロード, ダウンロードする動画の画質の設定, 8K動画をダウンロード

オーディオをより良い方法で録音する代替オーディオレコーダーを入手する

それでもAudacityで音の問題が発生しない場合は、AceThinker Screen Grabber Pro 画面録画/録音 プロを使用してみてください。このツールは、信頼性が高く堅牢な画面記録ソフトウェアです。画面を記録するだけでなく、音声のみをキャプチャするオプションも提供します。このツールは、システムサウンド、マイク、またはその両方でオーディオを録音でき、最高の品質を実現できます。両方のオーディオソースを録音する場合、各ソースの音量を調整するオプションがあります。コンピュータから音楽を録音すると同時にナレーションのために声を録音するときに役立ちます。以下に、オーディオを録音する手順を示します。

Screen Grabber Pro – 画面録画/録音 プロ Win & Mac  無料体験

Step1 【Screen Grabber Pro – 画面録画/録音 プロ】を入手する

まず、上の[ダウンロード]ボタンのいずれかをクリックして、インストーラーを取得します。その後、それを起動し、コンピュータにツールをインストールするための手順に従います。完了したら、アプリを開いて、そのインターフェースに慣れます。

画面録画/録音 プロ インターフェース

Step2 オーディオの録音を開始する

次、ツールの左上にある[記録]ボタンをクリックします。次に、「オーディオ」を選択して、コンピューターまたはマイクからのオーディオのみを録音します。記録を制御するために使用できるフローティングツールバーが表示されます。システムサウンドまたはマイクをオーディオソースとして無効/有効にすることができます。

画面録画/録音 プロ 録音開始

Step3録音プロセスを終了する

完了したら、「停止」ボタンをクリックして記録プロセスを終了します。次に、メインインターフェイスに移動し、作成したすべての録音が一覧表示されます。録音されたオーディオをダブルクリックするだけで、サウンドを聞くことができます。

画面録画/録音 プロ 記録終了

Audacity & Screen Grabber Pro – 画面録画/録音 プロ 比較表

AudacityScreen Grabber Pro – 画面録画/録音 プロ
評価45
記録で保存する形式MP3MP3, AAC, OGG, WMA, WAV, FLAC, MP4, AVI, MOV, WMV, GIF
録画期間制限なしライセンス版が制限なし