良いビデオコンバーターを探している時、様々な方法があり、多くのソフトウェアが利用できます。 いくつかのソフトウェアをダウンロードする必要があります。ウェブサイトからダウンロードすれば、Macの最新のOS 10 Sierraで利用可能なソフトウェアですか? これらはすべて、ソフトウェアが混乱する可能性があるため、どちらが正しいのでしょうか?

ビデオ編集機能を内蔵しているものもあれば、単純な変換機能を提供するものもあります。 動画を変換したい理由はいくつかあります。 携帯電話やタブレットでビデオを再生したい場合や、お気に入りのビデオ再生ソフトウェアが特定のファイルタイプをサポートしていない場合があります。 この記事では、Mac OS 10 Sierraで使用可能なビデオコンバータのいくつかの異なる方法の利点と欠点について説明します。

① Macシエラ用動画変換 プロ

Mac Sierraでビデオを変換する場合、動画変換 プロ のユーザのニーズの大部分を担っています。 このソフトウェアは、変換するさまざまなフォーマットを提供します。 それだけでなく、ビデオの基準も選べます。 これには720p、1080p、4kも含まれます。このソフトウェアを使うときにはっきりしたことは、品質があまり低下していないことです。 これは、ビデオコンバータにとって素晴らしい機能です。

このソフトウェアのもう一つの素晴らしい点は、編集機能です。 このソフトウェアには、エディタが内蔵されており、不要な部分を削除し、テキスト、画像、透かしなどで注釈を付けることができます。Macで利用可能な多くの編集ソフトウェアは、かなり高価なので、これはすばらしいです。

Mac OS Sierraでビデオを変換できるだけでなく、人気のあるビデオサイトからのリンクを追加して変換することもできます。 これにより、簡単な方法で自分だけのクールなビデオを作成し、携帯電話やタブレットでMacで見ることができます。

② Handbrake

Mac OS 10でビデオを変換する別の方法は、 Handbrakeを使用することです。 これは、さまざまな形式のビデオ変換を可能にするもう1つのソフトウェアです。 好きなフォーマットを選ぶことに加えて、大画面、ウェブ、さらには携帯電話やタブレットデバイス用にカスタマイズできます。

もう1つの大きな特長は、プレビューウィンドウです。 設定に戻って、変換する前にビデオを調整することができます。これはソフトウェアの完璧な部分のように聞こえますが、インタフェースが審美的に楽しいものではなく、ナビゲートするのが難しいため使いにくいです。

変換時に品質の低下はほとんどありませんが、ソフトウェアの完了には時間がかかります。 利用可能な他のソフトウェアは、より早い変換時間で同様のサービスを提供します。

③ Zamzar

Zamzar は、最大50MBのファイルを自由に変換できるウェブサイトです。これは、変換が必要な小さなファイルには適していますが、オーディオやビデオファイルを変換したい場合はあまり役に立ちません。このオンラインツールは、Mac 10とWindowsの両方で動作します。
ファイルのサイズはそれほど大きくないですが、素晴らしいWebサイトではありません。このサイトの最大の利点の1つは、使用するためにアカウントを登録する必要がないということです。一度サイトにファイルをアップロードするか、ビデオのURLを入力するだけで、ダウンロードしたいフォーマットを選択し、メールアドレスを追加すれば、ウェブサイトから変換ファイルをダウンロードするためのリンクがメールで送信されます。このウェブサイトは非常に使いやすく、使用するためにソフトウェアをダウンロードする必要はありません。

欠点の1つは、ダウンロードリンクを取得するためだけにメールアドレスを入力することです。自分のメールアドレスをウェブサイトに置きたくないという人もいて、どうしようもないです。それと並行して、ファイル変換の時間が、他のウェブサイトやソフトウェアに比べてかなり遅いことがわかりました。

④ 結論

HandbrakeとZamzarにはメリットがありますが、ビデオを変換するオールインワンのパッケージを提供する動画変換 プロと競合することはできません。 Macのデバイスでビデオを変換するだけでなく、様々な用途で使用することをおすすめしたいのが動画変換 プロです。