VLCはビデオプレーヤーだけでなく、強力なスクリーンレコーダーです。 この記事では、VLC記録機能を使ってデスクトップを記録する方法を紹介します。 VLCの記録は少し複雑なので、代わりに高度なスクリーンレコーダーを使用することもできます。 下のボタンをクリックしてPC画面録画ソフト「画面録画/録音 プロ」を入手してください。

vlc 録画VLCは、メディアフォーマットとの幅広い互換性で知られている人気のメディアプレーヤーです。どんなメディアファイルを持っていても、VLCで再生して視聴することができます。ただし、VLCがコンピュータのデスクトップをビデオファイルとして記録するためのスクリーンレコーダとして使用できることを知っている人はごくわずかです。 VLCで録画する? はい、 VLCの画面録画機能を使用して、サードパーティのアプリなしでデスクトップ画面を録画できます。 他のスクリーンレコーダーのように録画には汎用性はありませんが、VLC Media Playerを使用すると、無料で希望のフォーマットで簡単に画面を録画できます。時々画面録画をする必要があるならば、最初の選択としてちょうどVLCを取ることができます。 それでは、VLC Media Playerでデスクトップを録画する方法を見てみましょう。

① VLC Media Playerでデスクトップを録画する方法

1. VLC Media Playerを実行し、「表示」タブをクリックし、「高度なコントロール」を選択します。 その後、いくつかのコントロールがVLC メインインターフェイスに表示されます。

2. 「メディア」> 「キャプチャデバイスを開く」の順にクリックして、「メディアを開く」ウィンドウにアクセスして、録画設定を確認することができます。 キャプチャモードとしてデスクトップを選択し、キャプチャに必要なフレームレートを10 fpsに設定します。通常、10〜12fpsが推奨されます。より高いフレーム レートを設定して、出力品質を向上することもできます。 しかし、フレームレートが高いほどコンピュータの処理能力は高くなります。右下から、Playの横にある下向きの小矢印をクリックし、リストから「ストリーム」を選択します。

3. ストリーム出力ウィンドウが表示されます。 「次へ」をクリックするだけで目的地の設定に進みます。「ファイル」が「新しい宛先」で選択されていることを確認し、「追加」をクリックして、出力された録画ビデオとファイル名を保存する場所を指定します。 その後、「保存」をクリックし、「次へ」をクリックします。

4. 「トランスコードオプション」ウィンドウが表示され、プロファイルから出力フォーマットが設定できます。 必要なものを選択し、次へをクリックしてください(デフォルトの H.264 ビデオと MP3 オーディオは、ビデオ レコーディングに適しています)。

5. 「ストリーム」ボタンをクリックしてVLCでデスクトップの録画を開始します。 VLCウィンドウを最小化して、スクリーンキャストから除外することをお勧めします。 録画が終わったら、VLC Media Playerウィンドウを開き、「停止」ボタンをクリックして録画を停止します。 次に、指定した保存先フォルダに移動して、録画された画面を探します。

以上!画面録画にVLCを使うのは簡単ですよね? VLC Media Playerは、Windows、Mac、そしてLinuxでもマルチプラットフォームと対応なので、ビデオを録画することは非常に素晴らしいです。 ただし、VLC画面キャプチャにはいくつかの欠点と制限があります。主なものは以下の3つです。

VLCによるデスクトップの録画の欠点

  • 1. VLC では音声が録音されないため、スクリーンキャストでは音声を使用できません。ただし、音声ファイルをストリーミングして、スクリーンキャストとともに保存することもできます。
  • 2. フルスクリーンのみを録画できます。 デスクトップの選択した部分だけを録画することは不可能です。
  • 3. 画面の録画に使用すると、VLC Media Playerがクラッシュすることがよくあります。

したがって、より柔軟で安定した録画モードが必要で、スクリーンとオーディオを同時に録画する必要がある場合は、画面録画/録音 プロなどの他の画面録画ツールを使用してください。

② 画面録画/録音 プロ – 最高なVLC録画画面の代替

画面録画/録音 プロ は、どんな画面アクティビティでも高品質で録画できるスクリーンレコーダーです。 VLCと比較して、多くの機能が提供され、VLC画面録画の最適な代替手段として推奨されています。 主な機能は次のとおりです。

1. 柔軟な記録モード:コンピュータ 画面をキャプチャするには、フルスクリーン録画、エリアカスタマイズ録画、マウスカーソルのまわり録画、ウェブカメラ録画や音声のみなどのモードで記録することもできます。

2. 音声付きの録画:画面を記録しながら、音声も記録します。システム、マイク、またはその両方からオーディオを録音できます。音声ナレーションが追加できるので、ビデオチュートリアルの作成やゲームプレイビデオの録画には最適です。

3. 複数の出力形式:録画したビデオはAVI、WMV、FLV、MP4、MKVなどのさまざまな形式で保存できます。また、ビデオをYouTubeに直接アップロードして共有することもできます。

4. リアルタイムでスクリーンキャストを編集:このプログラムには、テキスト、ライン、ハイライトなどをリアルタイムで追加してレコーディングを編集できるエディタが組み込まれています。これにより、デモを洗練し、さらに充実させることができます。

5. スケジュールタスクの作成:このスクリーンレコーダーのもう一つの注目すべき機能は、録画開始時刻を事前に設定することでスケジュールされたタスクを作成できることです。忙しいときやコンピュータから離れたときに何かを録画する必要がある場合は、非常に便利です。

このVLCスクリーンキャプチャーの選択肢に惹かれますか?画面録画/録音 プロ は、非常に強力でインターフェイスは非常に使いやすいです。 数回クリックするだけで録画が完了できます。このプログラムの使い方をご案内します。画面が簡単にキャプチャできます!

Step1 録画設定を選択

まず、プログラムを実行し、設定>オプションをクリックして、出力フォーマット、出力フォルダ、録画ホットキー、マウスカーソルスタイルなどの一般的な設定を確認します。同時に、録画モードとオーディオ入力ソースを最適に選択します。

Step2 コンピュータの画面を録画する

インターフェイスの左上にある「開始」ボタンをクリックして、
「エリアカスタマイズ」録画モードをクリックして、録画したい画面またはアプリを選択して、録画を開始します。
録画中は、いつでも一時停止して再開できます。 必要に応じて、ウェブカムビデオを挿入してピクチャインピクチャ効果を作成することもできます。

Step3 録画を停止して保存する

赤の「停止」ボタンをクリックして録画を停止します。ビデオはメインインターフェイスのビデオリストに表示され、好きなように再生、検索、名前変更などができます。
録画されたものを再生したり、トリム編集などの操作を行えます。
詳細な操作方法は画面録画/録音プロの操作ガイドを参照してください。

③ 比較と結論

VLC Media Playerを使ってデスクトップをきちんと録画することもできますが、VLC録画の制限もあるので、完璧な録画をしたいときには欠点が不満になることがあります。 画面録画/録音 プロは、あらゆる録画ニーズを満たす汎用性の高い機能を備えているため、このソフトを使用することをお勧めします。

画面録画/録音 プロVLC Media Player
関係するステップ簡単なステップ比較的難しい
パフォーマンス安定して素晴らしい良い
全画面を録画する ✔
地域での録画
サウンドと共に録画する
ビデオ編集機能
スケジュール録画