エンターテインメントの消費方法は、標準化されたテレビからNetflixやHuluなどのストリーミングテレビのウェブサイト、そしてFacebookやInstagram Liveなどの人気の高いライブストリーミングビデオオプションにまで完全に変わってきました。 現在、これまで以上に多くの人々が、包括的なビデオストリーミングプラットフォームを通じてインターネット上でライブビデオを放送することを選択しています。 これらのプラットフォームを使用すると、ユーザーはコンテンツをホスト、ブロードキャスト、埋め込み、収益化することができます。 これにより、そこには数多くのライブビデオストリーミングプラットフォームがあり、選択しようとすると圧倒されます。こちらに人気のある3種類があります。

① Twich.tv

Twitch.tvはJustin.tvのスピンオフライブストリーミングウェブサイトで、主にビデオゲームのゲームプレイスキルを紹介したい若い個人やゲーマーを対象としています。さまざまなビデオゲームチャンネルやeスポーツ競技を通じて互いに安全に交流できるコミュニティを構築することを目的としたソーシャルビデオプラットフォームと考えられます。最近Twitchは、音楽放送や「実生活」放送に加えて、調理チャンネル、絵画チャンネル、美術工芸品などのクリエイティブなコンテンツをストリーミングできます。 実際の放送では、通常、ジムに通ったり、聴衆に話しかけたり、故郷を歩いたり、視聴者と一緒にテレビ番組や映画を見たりするストリーマが放送されています。録画されたコンテンツは、ビデオオンデマンドと同様にプラットフォーム上で許可されます。

プラットフォーム上でストリーミングしたい人は、Open Broadcast Software(OBS)またはXsplitのいずれかをダウンロードして、Twitchのストリーミングサービスに接続するプログラムを選択し、「シーン」を設定することでそれらを設定できます。これには、 ゲームキャプチャモード、ウィンドウキャプチャモード、ストリームの解像度、マイクロフォンの持ち方、ストリーミングの対象となるビットレートが含まれます。

Twitchのメリットとしては、単純にサインアップできる無料ツールです。ここでは簡単に登録できます。 オープンブロードキャストソフトウェアも無料で利用できますが、Xsplitは毎月料金をサブスクリプションとして請求します。 自分のコミュニティを構築し、チャンネルを通じて寄付を受け入れ、サブボタンを獲得し、毎月(もっと多くのお金で)ユーザーが購読できるようになり、ストリーミングビデオゲームでも基本的に好きなことをして報酬をもらえます 。Twitchを使うことの問題は、数千人のパートナーが既にTwitchしているため、コミュニティを成長させることが非常に難しいことです。どこにでも行きたいなら莫大な時間をかけて投資する必要があるし、多くのストリーミングユーザーにとって非常に不安定な収入源として使うべきではありません。

② Livestream

Livestreamは、個人やウェブ上の複数のプラットフォームにアクセスしたい組織にとって、オールインワンのライブストリーミングソフトウェアソリューションです。このプラットフォームの主な視聴者は、主にライブイベントを放送したい人たちです。ライブビデオをストリーミングしたい人には、イベント、カメラ、インターネット接続が必要です。残念なことに、毎月の料金を支払う定額料金制で、月額$ 42-799の範囲で、モデレート、VODアーカイブ、スタジオソフトウェア、ライブ埋め込み、分析、FacebookやYouTubeへのストリーミング、広告、ブランディングなどのライブチャットなどの機能を含みます。 Livestreamの主なプロは、ユーザのチャンネルのモデレートし、高度なコントロールや分析もできることです。これらのサービスの多くは、他のプラットフォームでは利用できません。このサービスを利用するために料金を支払う必要があり、外出先でストリーミングしたい人は、比較的高額な放送ソフトウェアを購入する必要があることです。

③ DaCast

DaCastは、放送者がクラウドにストリーミングできるという点で、ストリーミングにとって最良のプラットフォームの一つだです。このプラットホームはの参加費は安く、スタートは無料、スタートプランは月額19ドルです。このプラットフォームは、スポーツイベント、フィットネス、宗教、スピリチュアリティ、ニュース、メディア、オンライン学習/教育をストリーミングを望む方のためのサービスです。ツールは完全にカスタマイズ可能で、ビデオとオーディオの収益化をシームレスに統合され、放送局が複数のライブチャネルを持つことができます。プラットフォームのメリットは、ソフトウェアが不要で、デバイスの制限が適用されず、ビデオファイルの制限が設定されず、契約が不要であることです。カスタマイズ可能なビデオプレーヤー、安全なホスティング、分析、ホワイトラベルサービス、ビデオ埋め込み、モバイルストリーミング、および内蔵の支払いシステムがあります。短所は、計画に帯域幅、ストレージ、およびビューア時間に制限があることです。

④ 結論

何百ものストリーミングサービスがあり、上記のサービスはウェブ上のいくつかのニッチな領域だけを表していることです。 どのイベントに行くか決めるのは、ライブイベントをストリーミングするか、現実の生活の中でストリーミングするか、競争の激しいゲームプレイをストリーミングするかどうかによって決まります。 これらのプラットフォームの柔軟性により、お客様のニーズに合わせて特別な作業を行うことができるため、視聴者、品質、最終目標を決定することが、導入を開始する最初のステップとなります。